未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    神奈川県鎌倉市の海岸で「クジラがいる」由比ケ浜の海岸にクジラ打ち上げられる

    警察によりますと、5日午後2時半ごろ、「クジラがいる」と110番通報がありました。警察官が駆け付けたところ、鎌倉市の由比ケ浜の海岸にクジラが打ち上げられていて、すでに死んでいたということです。

    http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000133370.html
    https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20180805/0016111.html
    続きを読む

    台風13号  気象庁、米軍は関東、東北ルート。欧州予報は西進予想

    4日(土)6時現在、台風13号(サンサン)は、マリアナ諸島付近を北上しています。

    台風はこのまま北上を続け、来週は本州へ接近する可能性があります。進路にかなりの幅があるため、随時最新の情報を入手するようにして下さい。
    全文http://weathernews.jp/s/topics/201808/040025/
    続きを読む

    【異常震域】四国海盆でM5.9の大きな地震発生 和歌山県南方沖と青森県三八上北地方で同時に地震発生

    【M5.9】四国海盆 深さ547.5km 2018/08/03 22:07:00
    場所https://www.google.co.jp/maps

    ◆◆緊急地震速報(最終第4報)◆◆【M3.7】和歌山県南方沖 深さ10km 2018/08/03 23:38:43発生 最大予測震度1
    【M3.9】紀伊半島南東沖 深さ23.0km 2018/08/03 23:38:46

    3日23時39分ころ、地震がありました。
    震源地は、青森県三八上北地方(北緯40.9度、東経141.2度)で、震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は3.3と推定されます。
    気象庁HP
    続きを読む

    「今年はあまり蚊を見かけない」 酷暑で蚊もへたばった?殺虫剤売り上げ10%減、梅雨の短さも影響か

     「蚊の活動が鈍くなり、殺虫剤の売り上げが減少している」

    「人間と同様、蚊も猛暑でへたばる。日中に飛び回ることが減り、肌感覚として『蚊が少ない』と感じる人が多いのでは」

    「蚊の寿命は10日間程度だが、30度以上の日が続けば屋外にいる蚊の死亡率は高くなり、寿命がより短くなる」「今年は梅雨が短く猛暑日が続いたことで、蚊の発生源となる水たまりが干上がったり、幼虫が乾燥したりして、成虫の蚊が少なくなった可能性がある」
    http://www.sankei.com/west/news/180803/wst1808030050-n1.html
    続きを読む

    2070年までに人間が生存できる限界の暑さに達するー中国・華北平原

    中国の中でも人口密度の高い華北平原は、2070年までに人間が生存できる限界の暑さに達するとの研究結果がこのほど発表された。

    華北平原は2070~2100年の間に、この限界を超える熱波に数回襲われると予想される。

    全文https://www.cnn.co.jp/world/35123409.html 
    続きを読む

    千葉港に体長13メートルのクジラ出現 東京湾での目撃、6月以降16件目

    ◆千葉港に体長13メートルのクジラ出現 東京湾での目撃、6月以降16件目
    現場は千葉県市原市の東京電力五井火力発電所がある埋め立て地から約3キロ沖合の千葉灯標付近。
    東京湾では6月18日に葛西臨海公園(東京都江戸川区)沖でクジラが目撃されて以降、目撃情報が相次いでおり、今回で16件目。 

    産経ニュース 2018.7.31 18:00
    https://www.sankei.com/smp/life/news/180731/lif1807310019-s1.html
    続きを読む

    福島県沖で震度4の地震発生 M5.4

    31日17時42分ころ、地震がありました。
    震源地は、福島県沖(北緯37.2度、東経141.3度)で、震源の深さは約20km、地震の規模(マグニチュード)は5.4と推定されます。
    気象庁HP
    続きを読む

    台風12号、一回転して再発達。雷雨と猛暑に警戒

    異例のコースを進む台風12号

    列島を西よりに縦断し、異例のコースをとっている台風12号は、明日(31日)にかけて九州の南、屋久島付近を一回転してから、東シナ海を西よりに進むでしょう。この海域の海水温は高く、再発達する可能性もあります。台風がなかなか日本から離れないため、影響が長引く見込みです。
    https://tenki.jp/forecaster/t_yoshida/2018/07/30/1532.html 
    明日も西日本中心に激しい雨
    猛烈な暑さ

    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アクセスカウンター