未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    大規模噴火は避けられない!?【バリ島火山】大きな噴火が予想されるとして最高レベルの警戒警報発令

    インドネシア・ジャカルタ(CNN) インドネシアの観光地バリ島で起きた火山噴火を受けて、同国の国家災害対策庁は27日、
    さらに大きな噴火も予想されるとして最高「レベル4」の警戒警報を発令し、火山から8~10キロ以内への立ち入りを禁止した。
    全文・動画https://www.cnn.co.jp/m/world/35111028.html 
    続きを読む

    東京都多摩東部の地震について 震源地は小金井市本町6丁目 2年ぶりの地震

    東京都小金井市本町6丁目

    28日14時24分頃地震がありました。
    震源地は東京都多摩東部(北緯35.7度、東経139.5度)で、 震源の深さは約30km、地震の規模(マグニチュード)は2.8と推定されます

    28日15時12分頃地震がありました。
    震源地は東京都多摩東部(北緯35.7度、東経139.5度)で、 震源の深さは約30km、地震の規模(マグニチュード)は1.9と推定されます。
    気象庁HP
    続きを読む

    北海道駒ヶ岳で火山性地震が増加 渡島半島

    北海道の北海道駒ヶ岳で26日、火山性地震が増加しました。気象庁は「活火山であることに留意」を示す噴火警戒レベル1を継続し、噴気や熱水などが噴出する可能性があるとして引き続き注意を呼びかけています。
    全文http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171127/k10011236891000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_040 
    続きを読む

    「惑星“ニビル”が地球に再接近」我々は終末の時代に突入 最新の終末予言では、この世の終わりが来年の5月に設定

    すでに我々は終末の時代に突入しているのだろうか。そして最新の終末予言では、この世の終わりが来年の5月に設定された。
    ■マンソン氏「地球とニビルは2018年5月に同じ場所にいる」
     今年の9月23日から10月中旬までに謎の惑星“ニビル”が地球に再接近、あるいは衝突してこの世が終末に向かうと予言したのは聖書研究家のデイビッド・ミード氏だが、ほかにもニビルの到来を予測している人々がいる。
    https://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201711_post_15169.html
    続きを読む

    雷から「反物質」大量に生成されていると判明

    物質と出合うと、光を放って消えてしまう不思議な性質を持つ「反物質」が、雷によって大量に作られていることを、京都大や東京大などの研究チームが突き止めた。これまで、宇宙から降り注ぐ高エネルギー粒子(宇宙線)が地球の大気にぶつかって生じるケースなどが報告されていたが、身近な気象現象である雷による生成が確認されたのは初めて。
    全文http://www.asahi.com/articles/ASKCN6W22KCNPLBJ00C.html
    続きを読む

    北海道で今世紀最多の雪 最高記録を更新

    11月に入って、度々訪れる寒気。北海道をはじめ東北や北陸には真冬並みの寒気が流れ込んでいます。
    北海道では今世紀に入って、もっとも雪が多く降った所も。

    北海道は大雪 24時間降雪50センチ以上
    全文http://news.livedoor.com/article/detail/13934963/
    続きを読む

    巨大地震の津波に備え 和歌山県美浜町に2000人避難できる高台完成

    南海トラフの巨大地震による津波に備えようと、和歌山県美浜町に、最大で2000人が一時的に避難できる人工の高台が完成しました。
    和歌山県の想定では、南海トラフの巨大地震が発生した場合、美浜町には最大で17メートルの津波が押し寄せ、松原地区は最大11メートル余りの高さまで浸水するとされています。  
    全文http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171123/k10011233181000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_008 
    続きを読む

    「震度2」実は3でした…発表していた地震の観測点を取り違え、震度が誤っていたと発表  石川

     気象庁によると、2004年から使っていた穴水町大町の震度計では震度が過大に観測されていたことから、11年8月、近くに新たに設置した観測点で震度の計測を始めた。しかし、今月9日に発生した地震で防災科学技術研究所(茨城県)からの指摘を受け、同庁の地震情報発表のシステムを点検したところ、以前の観測点の震度を発表していたことが判明した。
    全文http://yomiuri.co.jp/science/20171117-OYT1T50029.html 
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アンテナサイト様
    アクセスカウンター