未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    福島県沖で最大震度4の地震発生 M4.9 直前にも震度3の地震が発生

    地震情報

    27日00時03分頃地震がありました。
    震源地は福島県沖(北緯37.0度、東経141.2度)で、 震源の深さは約50km、地震の規模(マグニチュード)は4.9と推定されます。
    気象庁HP
    続きを読む

    高台への避難を呼びかける 石碑「大地震だ。津波が来るぞ。高台に逃げろ」

    東日本大震災の津波で大きな被害を受けた楢葉町に、地震時に高台への避難を呼びかける文言が刻まれた慰霊碑が完成し、26日、住民が除幕式を行いました。
    慰霊碑には、「大地震だ。津波が来るぞ。高台に逃げろ」と強い口調で高台への避難を呼びかける文言が刻まれています。
    大きな地震の時には、すぐに高台に逃げるようにと昔から地域に伝わっていたにも関わらず、震災の時には逃げ遅れた人が多くいたことから、慰霊碑には高台への避難を確実に後世に伝えたいという思いが込められています。
    全文http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6054019671.html
    続きを読む

    茨城県南部と鳥取県中部で地震発生 鳥取で震度3 茨城で震度2

    地震情報

    茨城県古河市下片田


    26日05時11分頃地震がありました。
    震源地は茨城県南部(北緯36.2度、東経139.8度)で、 震源の深さは約60km、地震の規模(マグニチュード)は4.0と推定されます。


    鳥取県東伯郡三朝町砂原


    26日05時14分頃地震がありました。
    震源地は鳥取県中部(北緯35.4度、東経133.9度)で、 震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は3.1と推定されます。
    気象庁HP
    続きを読む

    大阪平野を縦走する上町断層帯が動くとM7.5の地震、阪神大震災超える 南海トラフ地震近づき警戒

    南海トラフ地震の発生が近づくにともない、関西でも内陸地震(直下型地震)の発生を懸念する声がある。1月のはじめに、兵庫県の防災監を取材した際、その話を向けると、返ってきた答えが「上町断層帯が心配」だった。
    大阪平野を縦走する上町断層帯は、北は豊中市から、南は岸和田市まで約42キロにわたる。地震調査研究推進本部(文部科学省)の想定は、断層帯がいちどに動いた場合、マグニチュード(M)7・5(阪神大震災はM7・3)という。
    全文http://news.livedoor.com/article/detail/12720146/
    続きを読む

    【地震予知】2月27日までに茨城・福島・千葉や九州、沖縄でM5.0の地震が発生すると断言 最大震度は4程度

    27日までに千葉・茨城・福島でM5.0

    「いずれも27日までの兆候だ。東北地方で震源が陸上、海底ともにM5.0前後、青森、岩手で最大震度3程度。東北地方の南側から千葉北部にかけて、陸上ではM5.0前後、海底ならM5.5前後。
    福島、茨城、千葉で最大震度4程度。東京、神奈川では最大震度2程度。
    九州、沖縄にかけて陸上ではM5.0、海底ではM5.5、最大震度は4程度」(ZAKZAK、2017年2月21日)
    全文http://tocana.jp/2017/02/post_12454_entry.html
    続きを読む

    10年から15年後に寒冷化が始まり30年続く

    英ノーサンブリア大学の学者グループは、この先10年から15年後には、グローバルは寒冷化が始まるとの結論に達した。
    専門家らの考えでは、今後数年、太陽の活動が、地球上で小さな氷河期が見られた16世紀から17世紀のような最低レベルに下がる。この「新たな氷河期」は、およそ30年続き、四季の変化や食料生産に問題が出てくる可能性がある、とのことだ。
    全文https://jp.sputniknews.com/science/201702213361894/
    続きを読む

    クジラ?「海洋生物らしきものと衝突」対馬沖で高速旅客船「ヴィーナス」が衝突

    21日午後1時10分ごろ、長崎県対馬市の厳原港東南東約15キロの沖合を航行していた九州郵船の高速旅客船「ヴィーナス」(163トン)から
    「海洋生物らしきものと衝突した」と対馬海上保安本部に通報があった。
    海保は、クジラなどの大型海洋生物に衝突した可能性があるとみて詳しい状況を調べている。
    全文https://this.kiji.is/206684405960802309?c=39546741839462401
    続きを読む

    「主要活断層帯」M7クラスの大地震をおこす可能性がある16の活断層を追加

     地震調査委員会は近年の調査結果などから、福岡にある福智山断層帯や、山梨から静岡に延びる身延断層など、新たに全国の16の断層を、「主要活断層帯」に追加することを決めた。これで合わせて113か所となる。
    全文はソースで
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170221-00000083-nnn-soci
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アンテナサイト様
    アクセスカウンター