未来予知 地震自然災害速報

地震、予知、予言、予測、自然災害や科学ニュースを中心とした2chまとめブログ

    兵庫県北部で震度3の地震 養父市八鹿町付近震源

    兵庫県養父市八鹿町石原付近

    25日20時48分頃地震がありました。
    震源地は兵庫県北部(北緯35.4度、東経134.7度)で、 震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は3.1と推定されます。
    気象庁HP
    続きを読む

    原因不明 伊勢原市鈴川の板戸川でアユ大量死

    川でのアユ大量死、原因分からず 伊勢原
    神奈川新聞:2016年9月25日05:00
    http://news.goo.ne.jp/article/kanagawa/region/kanagawa-49999009.html
     伊勢原市鈴川の板戸川で大量のアユが死んでいた問題で、県湘南地域県政総合センターは23日夜、調査の結果、原因が分からなかったと発表した。
    河川の水質に異常は確認できなかったという。
     同センターによると、16日、約400メートルにわたってアユ627匹が死んでいた。  
    続きを読む

    地球温暖化の影響で冬場の極端な豪雪"どか雪"が増える

    地球温暖化がこのまま進むと、北海道や信越、北陸地方の内陸など一部の地域で、冬場の極端な豪雪が増えるとするシミュレーション結果を、気象研究所(茨城県つくば市)のチームが23日発表した。
    全文http://www.daily.co.jp/society/science/2016/09/23/0009517502.shtml
    続きを読む

    関東東方沖で相次ぐ地震 規模も大きく回数も多く大地震の前兆なのか

    気象庁によると、きょう23日09:14頃、関東東方沖を震源とするM6.5の地震があり、東北、関東甲信、東海地方の広い範囲で震度1の揺れを観測しました。
    なお、米国地質調査所(USGS)によると、この地震以外にも、きょう23日未明から千葉県東方沖や関東東方沖などを震源とするM4~5台の地震が相次いで発生しています。23日09:14頃発生の地震を除き、いずれの地震も日本国内で震度1以上の揺れを観測した地点はありません。
    続きを読む

    台風17号発生 長雨前線の影響で、広い範囲で雨が降り続く

    http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/6/16932.html
     発達中の熱帯低気圧は23日午前、フィリピンの東のマリアナ諸島付近で台風17号に変わった。一方で、日本の上空には、太平洋沿岸に沿って伸びる長雨前線の影響で、西日本の一部を除いて広い範囲で雨が降り続いている。
     台風は次第に勢力を増しながら、フィリピン北部に向かって進み、来週明けの26日には強い台風となって、沖縄の南の海上に到達する見通し。
     一方、日本上空に張り付いている前線や湿った空気の影響で、北海道から東日本〜近畿地方にかけては雨や曇りとなっている。気象庁によると、今週末は一部を除いて各地で晴れ間がのぞくが、週明けからは、関東甲信から北陸地方で曇りや雨となると予測される。
    続きを読む

    昨日から活発、関東東方沖でM6.5の地震発生 M4.6、M5.6と規模がだんだん大きくなる

    23日09時14分頃地震がありました。
    震源地は関東東方沖(北緯34.4度、東経141.7度)で、 震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は6.5と推定されます。
    気象庁HP
    2016/09/23 09:14 関東東方沖 6.5 1
    2016/09/23 00:56 (関東東方沖) 5.6 ---
    2016/09/22 19:21 (関東東方沖) 4.6 ---
    続きを読む

    関東東方沖でM5.6の地震もしくはM5の地震が2回発生 東京など震度0の揺れを感じる

    平成28年09月23日00時56分頃地震がありました。
    震源地は関東東方沖(北緯34.3度、東経142.1度)で、 震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は5.6と推定されます。
    気象庁HP
    http://www.data.jma.go.jp/svd/eew/data/nc/fc_hist/2016/09/20160923005635/index.html

    緊急地震速報(予報)発表状況
    続きを読む

    温暖化の影響で消滅が早まる可能性 南極で4番目に大きい氷に亀裂・崩壊の危機!

    数千年以上前から存在していた南極半島の棚氷が、近年相次いで崩壊している。このうち、南極大陸で4番目に大きなラーセン棚氷の亀裂が、過去半年で急速に拡大していることが、人工衛星の観測で明らかになった。温暖化の影響で消滅が早まる可能性が高まった。

    南極で4番目に大きい氷 半年で亀裂広がる 崩壊寸前か?
    http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/6/16714.html
    続きを読む
    スポンサードリンク
    記事検索
    アンテナサイト様

    ※五十音順

    アクセスカウンター